SHENG LI (李 勝) English version

研究員
国立研究開発法人情報通信研究機構 (NICT)
先進的音声技術研究室(ASTL)

居室: 〒619-0289 京都府相楽郡精華町光台3-5
E-mail: sheng.li [at] nict.go.jp / lisheng.cs [at] gmail.com

現在の研究:


学歴

2002年7月 江蘇省無錫(むしゃく)市第一高等学校卒業
2006年7月 南京大学(国立中央大学,内戦により中国共産党に接収され国立南京大学と改称)学士修了(理学)
2009年7月 南京大学大学院修士課程修了,(中国科学院,香港中文大学,南京大学連携項目課程同期修了)
2016年3月 京都大学大学院情報学研究科知能情報学専攻博士後期課程修了 (京都大学国費留学生特別配置10月入学)



発表文献

GoogleScholar | ResearchGate | DBLP

博士論文

著書

学術論文誌 掲載論文 (Peer reviewed)

国際会議 発表論文 (Peer reviewed)

発表・研究会

その他の講演


研究歴, 職歴

1.メディア処理技術を用いた外国語学習(2009年9月-2012年4月まで,中国科学院深セン先端技術研究所[広東省深セン市])
2.聴覚障害者支援研究に従事(2009年9月-2012年4月まで,中国科学院深セン先端技術研究所[広東省深セン市])
3.2012年4月-2012年9月 音響モデルの音素誤り最小化学習(2012年8月まで,Sogou/Sohuピン音入力方法[株,中国北京市]研究員)
4.2012年10月-2016年3月 音声認識の活用による講演・講義の字幕付与に従事(京都大学 音声メディア研究室)
5.2012年10月-2016年3月 講演音声認識へのDNN-HMMの適用と話者適応 (cooperation with NICT)
6.2015年10月-2016年12月 ERATOプロジェクトに従事(京都大学 音声メディア研究室)
(picture cited from http://dl.acm.org/citation.cfm?id=3005472)

受賞

2002年 中国江蘇省化学オリンピック二等賞,生物学オリンピック三等賞
2002年 Chen Yinchuan大学新入生優秀者奨学金
2004年 南京大学人民奨学金
2011年 中国科学院職員優秀賞
2011年 香港青年起業家プログラムの創造的な企画賞
2012年 日本政府(文部科学省)奨学金
2012年 ポートランド,Interspeech会議へIBM 旅行補助賞金
2016年 Paper nominated as ACM/IEEE Trans. Audio, Speech \& Language Process. cover

学会活動

Reviewer/Program committee: ACL2017/2018, NAACL-HLT2016/2018, IJCNLP2017, Doctoral Consortium at Interspeech2015 (I will be happy to review for Open Access publications).
ISCA Student Volunteer2015-2016
TA ALAGIN 2015 Acoustic Modeling @Kyoto University

学会所属

IEEE/IEEE-SPS (Signal Processing Society),
ISCA (International Speech Communication Association),
ASJ (日本音響学会),
SIG-CSLP (Chinese Spoken Language Processing),
APSIPA (Asia Pacific Signal and Information Processing Association)

SOFTWARE & RECIPES (our teamwork, strongly suggest trying):

VoiceTra: Multilingual Speech Translation Application
SPREDS2: SPeech Recognition Evaluation Data Set 2
VAD (Voice Activity Detection) tool
U-STAR: Universal Speech Translation Advanced Research (github link)

DATA RELEASES:

  • S.Li, Y.Akita, and T.Kawahara.(Copy-right belongs to Kawahara Lab. Kyoto Univ.)
    Corpus and transcription system of Chinese Lecture Room.
    In Proc. Int'l Sympo. Chinese Spoken Language Processing (ISCSLP), pp.442--445, 2014. (link)

    同窓会

    南京大学
    南京大学(元国立中央大学)日本関西校友会
    京都大学情報学研究科同窓会
    Lilybbs

    Last update: 2018-1-30